【睡眠サプリ】ランキングおすすめ比較ぐっすりさん

睡眠サプリのランキングを口コミ体験や比較でまとめました

快眠のコツ

睡眠薬の強さランキング2017

2017/05/19

私がこれまでに飲んだきた睡眠薬です

私も睡眠障害で睡眠薬を飲んでいました。

睡眠薬といっても色々な種類があって、自分で調べても分からないことが多いですよね。

ここでは私なりに調べた睡眠薬の種類とその効き目の強さについて紹介しますね。

睡眠薬のタイプ

まずは睡眠薬には5つのタイプあります。

睡眠薬のタイプによる強さランキング

上から強い順に並べました。

強さ タイプ 薬の名前
強い バルビツール酸系 ベゲタミン・ラボナ・イソミタールなど
やや強い ベンゾジアピン系 ハルシオン・レンドルミン・リスミー・デパス・サイレース・ユーロジンなど
中間 非ベンゾジアピン系 マイスリー・アモバン・ルネスタなど
中間 オレキシン受容体作動薬 ベルソムラ
弱い メラトニン受容体作動薬 ロゼレム

ではそれぞれのタイプについて説明しますね。

1.バルビツール酸系

これは昔から使われている睡眠薬です。

効果は強力で脳の活動自体を押さえ込む形での睡眠を誘導します。

麻酔薬に近い作用があり、不自然な睡眠になってしまう難点があります。

依存性の高さや安全性の低さが問題となり、今はあまり使われることのない薬です。

バルビツール酸系の睡眠薬:ベゲタミン・ラボナ・イソミタールなど

2.ベンゾジアゼピン系

安全性の高い睡眠薬です。

依存性があるのでちょっと注意が必要ですが、効き目がしっかりしているので

ひどい睡眠障害の患者さんにはバルビツールよりこのタイプの睡眠薬が処方されます。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬:ハルシオン・レンドルミン・リスミー・デパス・サイレース・ユーロジンなど

3.非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系の薬を改良した睡眠薬です。

副作用が少ないことが特徴です。

効果は穏やかで、ベンゾジアゼピンよりは弱いです。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬:マイスリー・アモバン・ルネスタなど

4.メラトニン受容体作動薬

自然に近い睡眠を促してくれる睡眠薬です。

依存性・副作用の心配が少ないので、まず眠れないという相談があった時に処方される事の多い薬です。

メラトニン受容体作動薬の睡眠薬:ロゼレム

5.オレキシン受容体拮抗薬

2014年に発売された新しい薬です。

「新時代の睡眠薬」と呼ばれ、今後メインになってくるのではと言われている睡眠薬です。

オレキシンという覚醒を維持させる物質を遮断することによって、自然な睡眠をもたらすという効果があります。

依存性・安全性ともに少ないのでこれからに期待の睡眠薬です。

オレキシン受容体拮抗薬の睡眠薬:ベルソムラ

作用時間による強さの比較

睡眠薬の作用時間

睡眠薬は効果が続く時間がそれぞれ違います。

作用時間
超短時間型 2〜4時間
短時間型 6〜10時間
中間型 20〜24時間
長時間型 24時間

作用時間別の強さランキング(上から強い順になっています)

長時間型 ドラール
ダルメート
中間型 エリミン
ベンザリン
ユーロジン
短時間型 ロヒプノール/サイレース
レンドルミン
デパス
リスミー
超短時間型 ハルシオン
アモバン
マイスリー

睡眠薬の強さまとめ・依存性と副作用

いちがいに強さといっても、個人差があります。

また、薬の用量によっても違いがあるので、あくまでも参考程度にしてくださいね。

睡眠薬は脳に作用する薬なので、依存性・副作用の問題が出てきます。

自分にあった薬でないと、異常な眠気やふらつきなどの副作用が出てしまいます。

依存度も高いのでやめるタイミングも難しいです。

まずは生活リズムの改善や睡眠サプリの使用など、睡眠薬に頼らない解決法を試してみることをおすすめします。

睡眠薬の服用はそれからでも遅くありませんよ。

睡眠サプリのランキングはこちら

-快眠のコツ
-

ぐっすりさんおすすめの睡眠サプリランキング

【第1位】潤睡ハーブ

潤睡ハーブにはストレスによるイライラをおさえるハーブ成分がたっぷり。
寝つきを良くし翌朝の目覚めをすっきりさせる効果がある、イチオシの睡眠サプリです。

【第2位】北の大地の夢しずく

液状だから効果がすぐに現れる!
妊娠中・授乳中・お子さんでも飲める安心な睡眠サプリです。

【第3位】ピースナイト

大手食品会社キッコーマンが開発した自信の睡眠サプリ!
ピースナイトは更年期女性にぴったりの、睡眠サプリです。